Greenhouse with flowers

発育阻害

外気を制御して閉鎖空間に取り入れることで、成長に適した安定し最適な環境を作り出すことができます。

一般的に植物に適した環境は温度が20~25℃、湿度は80%以下です。熱帯気候や亜熱帯気候においてもその条件は同じです。

高温は、成長の阻害、葉焼け、果実の傷等、収穫期に悪影響を与えます。また、低湿度は作物は過剰な蒸散や損傷を引き起こし、高過ぎると菌類やカビの発生を招きます。

Tomatoes in greenhouse
Greenhouse plants

ムンタースの循環ファンを利用することでコールドスポットやデッドスポット発生の抑止や、結露の防止、ボトリチス発生の抑制を行います。また、換気扇の追加で過剰な温度上昇を抑制し、十分な二酸化炭素の供給を確約します。さらに、循環ファン、排気ファン、ヒーターの組み合わせで、過剰な湿度状態を防ぐことができます。

ムンタースは、温室内の全ての生産段階において優れた環境を生み出す環境制御システムを提供し、温室内での病気発生を軽減、生産性の問題を改善します。

お問合せ:電話 03-5970-0021お問合せフォームをご利用下さい。

Contact an expert

We’ll direct your contact info to the 
right person.