153129299.jpg

民間・宇宙航空産業

航空機の製造工程に重要な温湿度管理。航空部品や航空機全体の品質の保持等、ムンタースはさまざまな領域でソリューションを提供しています。

複合材料の製造においては、品質、硬化速度の両方の観点から、適切な温湿度の管理は不可欠です。また、航空機を塗装する際、塗装の質の低下を招く静電気の発生を最小限に抑えることも重要です。

湿度コントロールを実施すると、腐食リスクや修理コストが高額な航空電子機器やシステムの電子障害を軽減させることができ、大きなメリットとなります。湿度による問題が生じる原因の1つとして、飛行中の断熱ブランケットに吸収される水分が挙げられます。この水分が航空機内部の微気象の原因となり、与圧室内に構造的な腐食を発生させます。また、航空電子機器やシステムの動作やケーブルやコネクタを介したインターフェースにも影響を与えます。また、適切な保管状態の維持は、航空機用のタイヤ内部にある金属製ウェビングの腐食防止につながります。

高性能の航空機用テストルームは、あらゆる気候条件をシミュレーションする機能を要します。 ムンタースの技術は、施設内で変化に富んだ環境条件をつくり出します。

当社の技術や各構成部品はCTT Systems社のZonal Drying Systemを通じて、実際に飛行中の航空機へ導入されています。これらのデシカント除湿システム「ハニカム」は湿度の極端な低下を防止して、乗客と乗組員の快適性を確保します。さらに断熱ブランケットが湿気を吸収しないよう、航空機側面の内側に付着する結露を防ぎます。

ムンタースの技術は宇宙計画にも使用されています。自社の産業用気候ソリューションをNASA、ESAをはじめとする宇宙関連の組織へ提供してきました。ロッキード・マーティン社等、宇宙計画の主要サプライヤーがスペースシャトルの巨大燃料タンク用塗料の乾燥時間の管理に、当社の技術を使用しています。

お問合せ: 電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

  • 解決できる問題

    室内空気質(IAQ)

    室内空気質は、ほこり・花粉・白カビなどのカビや揮発性有機化合物(VOC)により悪化します。

    詳しくはこちら

    腐食

    金属の腐食は、多くの場合、空気中の湿気に起因します。

    詳しくはこちら

    結露

    蒸発した水分は凝縮し、低温の表面上への結露、床、壁、製品への水滴付着・落下を招きます。

    詳しくはこちら

    カビ・微生物

    高い相対湿度は、私たちの生活における様々な問題の大きな原因となっています。

    詳しくはこちら
  • 技術

  • 関連製品

    • MBシリーズ

      さまざまな要求に応えられるカスタムメイドタイプ。温湿度コントロール用のコンポーネントや制御部品をユニットとして、設置環境・スペース、高さ、ダクト取合…

      さらに表示

      MLシリーズ

      ヒュ-ミディスタット付きの優れたオールラウンド除湿機。デシカント除湿機MLは低湿度下でも効率的に除湿できる設計で、再生排気の湿分凝縮器を組み入れたユ…

      さらに表示

      MCD Series

      The MCD (Munters Configurable Dehumidifier) is using the temperature…

      さらに表示
    • すべてを表示

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。