87680827.jpg

飲料

適切な湿度管理によって、ムンタースは年間を通じ飲料の安定した品質を維持します。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーの生産では、スプレードライヤーを通し粉末にする前工程で、コーヒー抽出物の分離、濾過、濃縮が行われます。その後、スプレードライヤーによって粉末にされます。スプレードライヤーに必要な熱風は常に250℃に設定され、この熱風をスプレーされたコーヒー抽出物に吹き付ける事により、水分を蒸発させます。しかし、粉末になった粉末状のコーヒーが2~4%の水分を含んでいると、スプレードライヤーの底に詰まってしまいます。

スプレードライヤーによる生産はフリーズドライ製法と比べ、簡素時間は短く、熱により劣化する製品の取り扱いも容易です。

ムンタースのデシカント除湿システム「Quantum™ (クァンタム)」は、乾燥した熱風を供給し乾燥時間を短縮させます。また、最もエネルギー消費を抑える事が可能です。これにより製品の品質や生産能力を年間を通して維持する事が可能です。

デシカント除湿システムを使用することで、粉末にされたコーヒーを造粒する生産工程や流動乾燥機・空気輸送等の設備における湿気の再吸収等のリスクを回避する事も可能です。

製造後のインスタントコーヒーは非常に高い吸湿性を持っていることから、製品の包装工程においても常に低湿な環境を保つことが高い顧客満足度を得る事に繋がります。

インスタントコーヒー生産におけるムンタースのデシカント除湿システムによる効果

  • 年間を通しての高品質の維持
  • 乾燥時間の短縮
  • 製品の固着と湿気の再吸収の防止
  • エネルギー消費の減少

ペットボトル成形

ペットボトルの射出成形では、冷水等で冷やした金型で冷却固化させます。生産スピードを上げる為、またペットボトルの透明度・光沢を向上させる為、冷水温度を低く設定しますが、金型の周囲の空気が冷やされ飽和し金型表面に結露を発生させます。この結露がペットボトルの成形不良、品質低下を引き起こします。

507819475.jpg

当社のデシカント除湿システム「ハニカム」は、金型の周囲空気を低湿にすることによって結露を防止します。

ペットボトル押出成形におけるムンタースのデシカント除湿機による効果

  • 生産スピードの高速化
  • 腐食の防止による金型のメンテナンス費用軽減
  • 品質の向上と維持
  • 年間を通した生産量の安定

お問合せ: 電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。