エラーが発生しました。後でもう一度試して下さい。

ご質問はお問い合わせください

お困りですか?

会員登録はこちら
クッキーポリシーを許可するにはこちらを選択してください。 クッキーポリシー

ユーザーIDが正しくありません。

エラーが発生しました。後ほどもう一度お試しください。

ユーザーIDが正しくありません。

エラーが発生しました。後ほどもう一度お試しください。

鉄鋼業

鉄鋼業

多用途の環境型成をサポート。ムンタースはミストエリミネータを使用する製鋼から、除湿システムを必要とする保管施設まで、さまざまな需要に対応します。

製鋼

水滴分離は、汚染物質除去と同様に多くの工業プロセス全般の基本項目です。水滴分離器は薬品のロスと排出量を減少し、繊細な設備の保護,及びガスに含まれる汚染物質を減少させる上で重大な役割を果たします。

鉄鋼の保管における除湿

一般に保管施設を50%RH未満に保てば、腐食を抑制できますが、60%RHを超えると腐食速度は爆発的に増加します。金属の酸化速度は、周囲の相対湿度に比例し、50%RHを超えると100~2000倍に加速することが分かっています。また金属表面に付着し、薄い膜状となった水は腐食をもたらす電解液となります。このため、鉄鋼保管施設では50%RH未満に保ち、鉄鋼の腐食を防ぐが非常に重要です。

ムンタースのデシカント除湿システム「ハニカム」は、乾燥した空気を保管施設内に給気し、年間を通して適切な環境を維持します。施設内の空気が除湿機の処理ゾーンに吸い込まれハニカムロータを通過する際に、吸湿性デシカントに湿気が吸着されます。乾燥した空気はロータを通過し、施設内に給気されて全域に拡散します。
金属製品の保管施設での除湿システム使用により高品質が維持され、さび等の廃棄量は減少します。

お問合せ: 電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

ソリューション

ケーススタディ