162264253.jpg

医薬品

衛生的に医薬品を生産、保管・運送するには、湿度環境のコントロールが最も有効です。

粉薬、錠剤、カプセル剤、検査試験紙などの湿気に敏感な製品は湿気と触れることにより、その品質低下や使用期限などに悪影響を及ぼします。また、製品同士の付着や損傷を引き起こし、さらには、生産設備内の詰まりや設備不良などの生産工程や保管・運送に問題を引き起こします。これらの非常にコストがかかる問題は回避することが可能です。

生産工程において年間を通して湿度を管理・制御し、最適な環境を維持することが最も重要になります。

ムンタースのデシカント除湿システムは、医薬品の各製造工程、サイロ、生産設備、倉庫や運送において最適な湿度環境をつくり出し、エネルギーコストを抑え、環境にも優しく配慮された技術です。適切な湿度管理は衛生的な製品の生産を可能にします。

お問合せ: 電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

Medicine

Bulk production areas require constant humidity control, not only for ensuring that the dosage format is manufactured according to GMP and SOP guidelines, but that other humidity related issues such as condensation, corrosion and microbial growth are all kept under control.

Both before and after production, storage of bulk materials and packaged products also benefit from year-round humidity control, ensuring that powders and granules flow smoothly without clogging when being pneumatically transported, storage areas are condensation and corrosion free, and packaged products are stored under optimal conditions until shipping. Storage of vaccines and temperature-sensitive products is another area where Munters has considerable experience. Chilled storage is especially prone to condensation, which can lead to microbial growth and damage to packaging. The addition of our solutions can quickly bring this under control.

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。