Disease in greenhouse

温室における病気

温室栽培は外部の気候条件に起因する影響は軽減される一方、温室内の微妙な空気条件に影響を受けます。

品質、収穫量、収益性を維持するには、温室独特の条件と、その影響を考慮し、適切な管理を行う必要があります。高温高湿状態を放置すると、成長の阻害、収穫量の低下、病気の蔓延を引き起こす可能性があります。
過剰な湿気は葉上の水滴発生を促し、高温は果実の委縮の原因となります。また、屋外で育成されているものと比べ、同種であってもより繊細であることが多く、影響をより強く受ける可能性があります。
室内環境を適切に保つことで、菌類やバクテリアの発生を抑制するための農薬散布を減少し、コスト削減にもつながります。

ヒーターと循環ファンを設置することにより、コールドスポットやデッドスポットの発生を防止し、結露の発生やボトリチス病、発生リスクを軽減します。さらに換気ファンを追加することで、適切にCO2を供給することができます。また、循環ファン、排気ファン、ヒーターを組み合わせることで多湿を防ぐことが可能です。

ムンタースの空調システムは、温室内でのさまざまな問題を解決し、生産段階に最適な室内環境を提供します。

お問合せ:電話 03-5970-0021お問合せフォームをご利用下さい。

Contact an expert

We’ll direct your contact info to the 
right person.