Thinkstock-Gas Turbines.jpg

ガスタービン

タービン効率を向上させ、天然ガスのエネルギー生産効率を上げる気化式冷却システムを提供します。

ガスタービン、発電所、ディーゼルエンジンを気化冷却する熱源には市水を使用します。気化式プレクーラーシステムは、気化冷却メディアにより、燃焼空気を冷却し、燃焼空気密度を増加します。
ムンタースの高効率気化式プレクーラーシステ「GTEC」は発電量を増加させます。メディアに散水された水は周囲の熱を奪いながら気化しますが、この気化冷却効果により吸気の密度が上がり、ガスタービンの出力が増加し(最低5~6%、高温、あるいは乾燥した環境下では最高60%増加)、運転効率が向上します。

ムンタースの気化式プレクーラーは初期費用、維持費用が低額で、短期間で投資費用の回収ができます。気化式プレクーラーを導入する場合、既存のフィルターハウジングが利用可能です。このハウジングにエアフィルターとクーラーを両方設置することにより投資費用の削減につなげることができます。

また、除塵効果のある気化式プレクーラーの増設により、既存フィルターの性能維持が向上します。第一エアフィルターより外気側にプレクーラーを設置できれば、第一エアフィルターの約90%の粒子を削除することが可能です。これによりサービス寿命を大幅に伸ばしメンテナンスコストを削減でき、ファインフィルターの粉塵負荷も約30%低減することができます。

当社の気化式プレクーラーによる圧力損失は50Pa~100Paです。これは標準エアフィルターによる250Pa~1,200Paの圧力損失と比較して非常に小さな値です。気化式は水噴霧式とは異なり、気化メディアに上部から市水を散水させ、濡れたメディアに空気を通過させる方式で冷却空気を供給します。

当社の気化式冷却技術による効果 

  • 稼働時間の延長
    フィルターの稼働時間延長で寿命も延長します。
  • 圧力損失の増加抑制
    吸気空気を向上させる為に、当社のミストエリミネーターを導入すればフィルターの圧力損失増加を抑えられます。
  • 保守コストの削減
    年間のフィルター費用などの保守コストを劇的に削減します。

デシカント除湿システムによりタービン設備を保護します 

高湿度の状況下では装置の結露腐食、サビの原因となり、ガスタービン、ボイラー、ポンプ、制御盤、電子機器に問題を生じます。当社のデシカント除湿システム「ハニカム」はこれらの装置を腐食から防ぎ、運転が素早く立ち上げられるように乾燥空気で密封管理します。

  • 発電設備やタービンを素早く立ち上げられるようにスタンバイ
  • 総合的な防錆保護のための乾燥空気による密封管理

ミストエリミネーター

世界のエネルギー需要は供給が追いつかない状態で、光熱費が高騰する中、ムンタースは発電システムと工業分野に関する革新的な解決策を提供してました。ガスタービン吸気空気に埃や微粒子、塩分や雨水が入ると問題を引き起こす可能性がありますが、当社のミストエリミネーター(水滴分離器)を用いることによりリスクを軽減することがきます。

ガスタービンを稼働させるためには、大量の燃焼空気が必要となりますが、吸入空気の質によって、発電出力や消費燃料が変化します。高品質な吸入空気によりフィルターメンテ時間の延長と、空気抵抗抑制で効率性と収益を向上させる事ができます。
また、寒期における空気が氷点下になると凍結を引き起こしますが、当社のヒーターと制御装置を備えた分離器(DFH)は厳しい環境の中でも吸入空気量を維持し、雪やひょうの侵入を防ぎます。

お問合せ: 電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

  • 関連製品

    • MBシリーズ

      さまざまな要求に応えられるカスタムメイドタイプ。温湿度コントロール用のコンポーネントや制御部品をユニットとして、設置環境・スペース、高さ、ダクト取合…

      さらに表示

      MLシリーズ

      ヒュ-ミディスタット付きの優れたオールラウンド除湿機。デシカント除湿機MLは低湿度下でも効率的に除湿できる設計で、再生排気の湿分凝縮器を組み入れたユ…

      さらに表示

      MCD Series

      The MCD (Munters Configurable Dehumidifier) is using the temperature…

      さらに表示
    • すべてを表示

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。