ファン・光フィルター / ライトフィルター

LFD24 光フィルター

ライトフィルター「LFdシリーズ」

  • 高い減光因子
  • エアフローに対する低い抵抗
  • Suitable for mounting onto fans
  • ファン、入気口、パッドの開口部、いずれの上にも設置可能
  • Suitable for mounting onto pad openings
  • 洗浄が簡単
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • 組み立てが簡単

 

製品紹介

光制御は、現代の養鶏において重要な役割を果たしています。光を適切に制御すれば、優れた生産目標を達成することにより、飼育業者は大きな利益を得ることができます。これは特に、育成牧場に当てはまります。鶏舎内に光制御を取り入れるための第1段階は、光が漏れない建物を作ることです。光が漏れないように鶏舎を作る際に直面する極めて実質的な問題は、建物には通気口が必要だという点にあります。通気口は、建物内に新鮮な空気を取り入れ、空気のよどみを放出するものですが、残念なことに、吸気口と排気口の両方を通じて、日光も建物内に入り込んでしまいます。光フィルターは、空気は通しても光を吸収する特性により、この問題を解消するために使用されます。光フィルターでは、カーブした羽根(ベーン)を使って光を羽根の2つの側面同士で前後に反射させます。それぞれの反射により光がある程度吸収され、光度が弱められます。これらの羽根の曲率は、多くの光反射が発生しつつ、羽根を通過する空気の流れを過度に妨げないよう、バランスの取れた状態になるよう設定する必要があります。ムンタースの経験豊富なエンジニアが、最新のコンピューターによる流体力学(CFD)ソフトウェアを利用し、最高のバランスの設計を実現しました。LFdは、屋外が晴天でも鶏舎内を暗くするために、吸気口と排気口のいずれの側にも設置することができます。晴天時の屋外の日射レベルは、160,000 lux程の高さになる可能性があります。LFdを通過した後の光レベルは、0.12 luxにまで減じられ、全くの暗闇が作られます。

  • 仕様
的仕様
750 mm
高さ 750 mm
奥行 230 mm
重量 13 kg
进气口オープニング 0.48 m2

ライトフィルター「LFdシリーズ」 と関するケーススタディ

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。