お問合せはこちら

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。

閉じる
Farmer holding a piglet

快適な環境でより多くの子豚を生産

デンマークは2006年に2570万頭の豚を生産し、世界一の豚肉の生産量と輸出を誇ります。(生産された豚肉の85%が輸出され、それはデンマーク全体の輸出総額の5.3%を占めます。)デンマークでは家族経営の農場は一般的で、養豚場も例外ではなく、7800箇所もあります。エスパン・ドレープ氏が所有するソルプガード牧場は、ノースユトランドのファーズに位置し、涼しい夏と温暖な冬を特徴とする穏やかな気候で養豚業を営んでいます。

現代の養豚業は、繁殖場所と飼育場所によって、生産用途が特化されています。ソルプガード牧場は繁殖用雌豚の生産に特化しており、飼育された雌豚は他の農場に提供されます。農場の生産設備は三棟の異なるが接続された豚舎から構成されます。雌豚は、妊娠期間の段階に応じて、ある建物から別の建物に移されます。接続された豚舎がこの工程を非常に容易にします。生殖周期全体において、様々な構造の環境パラメータを厳重に管理することが重要です。これにより、雌豚の繁殖効率を最大限に高めることができます。

熱と湿気の滞留防止、二酸化炭素、アンモニア、臭気、粉塵の除去

各換気システムは、最小換気量と最大換気量の両方を供給するのに適した寸法になっています。         
最小換気量は、家畜に適切な質の空気を維持するために必要な換気量であり、熱や水分の蓄積の防止、二酸化炭素、アンモニア、臭気、粉塵を除去せきることを意味します。もし空調制御されないと、これらの要因が家畜の生育に悪影響を与えかねません。                                                         最大換気量は、家畜から発生する余分な熱を除去するために、建物を空気が通過するのに必要な換気量を指します。

ムンタース畜舎換気システムの設置

ソルプガード牧場の3つの建物は、構造設計と環境条件の点でユニークな設計課題を提起しました。静圧換気システムの適切な機能を保証するための指標として、設計チームは以下のパラメータを評価しました。

*各建物における動物の種類、数、および体重
*動物の状態(妊娠、出産)
*地域の気候条件
*建物の断熱性

情報

  • 家畜を混乱させない空調パターン
  • 最小換気量と最大換気量の適切な供給
  • 熱と湿気の滞留防止
  • 二酸化炭素、アンモニア、臭気、粉塵の除去

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。