お問合せはこちら

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。

閉じる
Fan wall at a hog facility

養豚における急激な温度変化への対応

ジェリー・オブライアンは70年代半ばに養豚場経営を始めました。80年代半ばには、エアロテックの営業であるラルフ・レターズと事業を開始しました。ジェリーとラルフの協業により、今日では125棟の畜舎と1万頭以上の豚を擁する大規模な養豚事業に成長しました。創業後30年、ジェリーの息子のJW・ オブライアンと、ラルフの息子のフランク・レターズも、父親の代と同じように一緒に働いています。彼らはムンタースとオブライアン家族が培った強固な関係を今でも続けています。

熱ストレス/冷ストレス問題

オブライアン農場は米国ケンタッキー州にあります。この地域では、季節ごとの天候による急激な気温の変化が最大の課題の1つです。冬は寒く、夏は高温多湿です。

精密換気ソリューション

JWと彼の父ジェリーは、ムンタースの製品によって急激な気候環境下においても安定的に制御されていることを理解しています。彼らの養豚場には、完璧な養豚環境を作り出すために必要な、最も効果的な屋内環境を作るムンタース換気システムがあります。建物タイプにはクワッド仕上げとハイライズクワッド仕上げ、分娩と新生豚のものがあります。各建物には用途に応じた独自のシステム設計と製品が必要です。製品には、VX24、VX26、VX51などの排気ファンや。ファイバーグラスサーキュレーションファン、BI28とCIバッフルを含むマルチインレットがあります。全ての製品は、CT気化冷却システムおよびピット換気と連動して、最適な温度と空気環境が、建物内で厳密に維持されるようにします。これらのシステムは、ムンタースウルトラコントロールによって制御されます。

情報

  • 安定生産
  • 飼料効率の最大化
  • 低死亡率
  • 受胎率の改善

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。