お問い合わせはこちらへ

エラーが発生しました。後でもう一度試して下さい。

ご質問はお問い合わせください

CS_KLM Catering Services_Hero.jpg

KLMでは冷凍庫内の霜ゼロでミスをゼロに

KLM Catering Services (KCS) Schipol is the biggest in-flight caterer in the Netherlands, producing 55,000 daily meals for more than 350 flights every day. KLM not only caters for its own scheduled flights, but also supplies meals to other airline operators such as Northwest Airlines, Cyprus and Kenyan Airways.

オランダ、スキポール空港のKLMケータリングサービス(KLM Catering Services (KCS) 、以下KCS)はオランダ最大の機内ケータリングサービス(機内食提供サービス)の会社として、1日約250便、約35,000食を準備し、提供しています。また、同社は自社のフライトだけではなく、ノースウエスト航空、日本航空、キプロス航空やケニア航空等、他航空会社へのケータリングサービスも行っています。

KCSでは、提供品を貯蔵する倉庫内の床や天井に付着する氷や霜の問題が一番の懸念事項でした。「床は非常に滑りやすく、とても危険ですぐに対策が必要です)。また、事故のリスクだけではなく、冷却コイルにも霜がつきますので、1日6回、1時間の解凍作業をしなければなりません。マイナス20度の中では霜があるため掃除をすることが難しい上、庫内を常にマイナス20度に維持することは困難です。」とテクニカルエンジニアであるエド・クイパー氏は話します。

それを解決するための一番効果的な方法は、空気中から湿気を取り除くことです。KCSは、その問題をシンプルで効果的に解決することのできるムンタースの「アイスドライ」IceDry®を3台設置しました。

デシカント除湿機「アイスドライ」IceDry®は、冷凍庫内の空気をシリカゲルを吸着剤としたローターへ通過させることで除湿を行います。湿気が取り除かれた非常に乾燥した空気はダクトを通り、冷凍倉庫内へ再び戻されます。このように冷凍庫内の空気を循環させながら除湿することで庫内が低湿度となり、扉の開閉などによる外部の湿気の侵入によって一時的に発生する霜をも昇華させてしまいます。そして霜付きのないクリーンで安全な冷凍倉庫内の環境を維持することができます。これにより解凍作業の頻度を最小限にするほか、設備維持費や管理費、庫内清掃の低コスト化等、総合的な省エネルギーが可能となります。

KCSでは、これまで安全性を向上させるため、床を滑りにくくするためのグリップストリップを設置していましたが、凍結のため2週間ほどしか維持できませんでした。しかし「アイスドライ」IceDry®の導入後、床が凍結することはなく、同社の安全衛生管理規程においてもその安全性は高く評価されました。現在、商品をパレットで運ぶ際に安全に素早く行うことができ、また、霜を払い除ける作業を必要とせず商品ラベルを正確に見分けることができるようになりました。

「「アイスドライ」IceDry®を設置した以前と今とでは、夜と昼くらいの大きな違いがあります。冷凍庫内はクリーンで、床で滑ることはありません。」とエド・クイパー氏は話します。


安全性の向上だけでなく、KCSでは解凍(除霜)作業も大幅に削減されました。今ではわずか1日30分間程度の予防措置だけで十分です。また、これまでKCSでは夜間の冷蔵ファンの凍結度合いを常に監視していました。冷蔵ファンが凍結し作動しなくなる深刻な被害もありましたが、ムンタースの「アイスドライ」IceDry®によってこのような事態を回避することができました。

また、「アイスドライ」IceDry®導入によって解凍作業の回数を減らし、温度差の幅をはるかに少なく抑えることができたことから、冷凍庫の温度設定をマイナス27度からマイナス22度に設定することが可能となりました。安全かつ効果的な作業のために、HACCP(食品製造・加工工程における衛生管理の手法)の取り組みの重要な要素として高く評価し、素晴らしい成功を収めています。

90% of the in-flight meals are brought in frozen, and placed in cold storage. The meals can be stored for anything from three days up to six weeks, depending on whether they are for infrequently used special dietary requests. The quick-freezing process means rapid throughput and high product quality demand.

Preparing in-flight meals raises its own difficulties with ambient temperature often ranging from 20 to 30ºC in Summer, and the food preparation areas must be maintained at 14-15ºC, before the products enter the adjacent cold storage freezers at –20ºC. With freezing at these temperatures you get a lot of humidity, on account of the wide difference in temperature and pressure between the ambient air and that in the cold storage freezer.

Moist air streams into the -20ºC store every time the doors are opened, due to the frequent deliveries throughout the day. The result is the frosting and icing up of the floors inside and outside the storage area, icing of refrigeration components, such as the evaporator, and also frosting of product making it difficult for the food technicians to read the product labels.

“The floor was very slippery and unacceptably dangerous, we had to do something” said one employee. “We had ice and snow on the evaporator, it was difficult to clean, and difficult to keep at a constant -20ºC”, we had frequent defrosts, typically six times daily for one hour.”

The Solution

The simple and effective answer was to remove the moisture from the air, and this is exactly what Munters IceDry® systems do so well. KLM Catering Services installed three IceDry® systems in their cold stores, as Munters system is specifically designed for low temperatures. Munters desiccant dehumidifiers work by drawing air from the cold store through a rotor containing silica gel.

In removing moisture from the air, Munters calculates, then controls the dewpoint temperature required - the point at which moisture in the air will condense out and freeze onto surfaces. Once the moisture in the air is removed, the now ultra-dry air is piped back into the cold store area. By removing the moisture, the IceDry® system also assists increase the periods between defrost, reducing energy utilisation and refrigeration plant cleaning.

“The difference before and after the installation of IceDry® is like night and day” says the KLM employee. “The coldstore rooms are clean and the floors are no longer slippery”.

The optimal dry room
The safety improvements also got the thumbs up from the “ARBO” welfare at work organisation. Improving the safe operation of the environment had previously been attempted by adding grip strips into the floor to make it less slippery. This proved unsuccessful as after only two weeks, the ice built up again.

Now with IceDry® this is completely clear. Moving the food pallets is also much safer, and loading is faster, the catering team can read all the labels correctly, without having to wipe the frost off. The improvements have not only been seen in safety, as KLM Catering Services now only defrost once a day for half an hour. It is not strictly necessary, but is done as a precautionary measure for cooling equipment safety.

Previously KCS observed ice build-up on the coldstore fan during the night, which occasionally was so severe that it meant that the fan could not blow anymore. Now this has been completely solved with Munters IceDry®. KCS also found through constant electronic temperature tracking, that they have been able to maintain much tighter temperature control.

The reduced defrost with IceDry® enabled KCS to reduce the temperature of the refrigerant evaporator coolant from –27ºC to – 22ºC. KLM Catering Services see the Munters IceDry® as a primary element of their HACCP initiative for safe and effective working, in short, it has been a great success.

情報

  • 床凍結なしで安全性の向上
  • 運搬速度アップ
  • 視界の改善
  • 冷凍効率の改善
  • 設定温度の改善
  • 省エネルギー

お困りですか?

会員登録はこちら
クッキーポリシーを許可するにはこちらを選択してください。 クッキーポリシー

ユーザーIDが正しくありません。

エラーが発生しました。後ほどもう一度お試しください。

ユーザーIDが正しくありません。

エラーが発生しました。後ほどもう一度お試しください。