Fetsund Image _View 2 - 215x200.jpg

間接蒸発式冷却器「オアシス」は、ディジプレックスデータセンターの10MW以上のサーバーを冷却

信頼性が高く、エネルギー効率の良い データストレージの提供で成功を収め ているディジプレックス(DigiPlex)社 は、ムンタースの間接蒸発式冷却器「オ アシス」(Oasis™ IEC)技術を利用 し、6千万ユーロを投じた新データセン ターをオスロのフェットスン市に建設し てさらに発展を続けています。ムンター スの革新的な間接蒸発式冷却器(Oasis™ IEC 200型)を中核としてデ ィジプレックス社がフェットスン市に設 置した「エアー・ツー・エアー」(A2A)モジュール式データセンター冷却システ ムは、極めて低いPUE値1.1を実現でき るように設計されています。

信頼性が高く、エネルギー効率の良い データストレージの提供で成功を収め ているディジプレックス(DigiPlex)社 は、ムンタースの間接蒸発式冷却器「オ アシス」(Oasis™ IEC)技術を利用 し、6千万ユーロを投じた新データセン ターをオスロのフェットスン市に建設し てさらに発展を続けています。ムンター スの革新的な間接蒸発式冷却器 (Oasis™ IEC 200型)を中核としてデ ィジプレックス社がフェットスン市に設 置した「エアー・ツー・エアー」(A2A)モジュール式データセンター冷却システ ムは、極めて低いPUE値1.1を実現でき るように設計されています。

この新しい施設には、ノルウェーの通 信企業大手Evryなどの顧客が利用する 10MW以上のサーバーを冷却する能力 があります。稼働が開始されれば、ディ ジプレックス社のフェットスン市のデー タセンターはヨーロッパで最大の間接 蒸発式冷却器を設置したデータセンターとなります

ディジプレックス社のフェットスン市の データセンターはX台のサーバー稼働 容量を備え、近代的で高性能なデータ センターサービスを提供する予定です。データホールは4,200平方メートルに及 ぶサーバーエリアで、顧客の要望に合 わせて独立したモジュールを設置する ことができます。ディジプレックス社の「エアー・ツー・エアー」(A2A)モジュ ール式データセンターの中核にはムン タースの間接蒸発式冷却器「オアシス」(Oasis™ IEC 200型)が設置され、北 欧の寒冷な気候を活用して自然で持続 可能な“フリークーリング”を行い、既存 のクーリングテクノロジーよりも高い経 済効果を実現します。

ピューターとサーバーを理想的な稼働 温度の24℃に維持するために使用する エネルギー量を半減させ、ディジプレ ックス社顧客の電力コストを削減しま す。 ディジプレックス社の「A2A」の冷却シ ステムは2つの独立した気流を利用しま す。気流の1つは屋外の新鮮な空気を ムンタースの間接蒸発式冷却器「オア シス」に引き込み、ムンタースが特許を 有する間接蒸発式ポリマー管熱交換器 へ供給します。

楕円形の熱交換器外面 は湿らせて放熱用表面を最大限に活用 し、間接蒸発式冷却器の効果を高めて います。湿った熱交換器管外側を通り 抜けると、屋外の空気は外部に放出さ れます。データホールの空気は再循環され、間
接蒸発式冷却器で冷却されるため、間 接蒸発式冷却器「オアシス」では屋外 の空気がデータホールに流入すること はありません。間接蒸発式冷却器が必 要とする水量は従来の高効率システム の3分の1です。

ムンタースの間接蒸発式冷却器「オア シス」では気流の完全分離によって、デ ータホール汚染リスクの排除やサーバ ー腐食の原因となる湿度問題の解消を 実現し、また保全のコストも低くなって います。間接蒸発式冷却器「オアシス」 は貯留雨水の利用も可能で、ディジプレ ックス社は環境に優しいオプションとし て、フェットスン市でこの方法の採用を 計画しています。また、この革新的な空気対空 気冷却システムが認められ、 ディジプレックス社とムンタース は2012年に欧州DCDイノベー ション・アワードを受賞しました。

ディジプレックス社チーフ・オペレーテ ィング・オフィサーのグレッグ・マコラ ック氏は「ムンタース社と緊密に連携し て「A2A」システムを開発したことによ り、当社のデータセンターを際立たせる 冷却システムの開発に成功しました。

この業界ではエネルギー効率を向上さ せることは大きな目標であり、このシス テムは当社のサーバー群を理想的な温 度で稼働させるために必要なエネルギ ー量を半減させました。これによって、当社顧客がエネルギーコ ストを数千ポンド削減可能となっただ けではなく、当社の施設が業界で最も 持続可能な施設であることを明確にし ました」と話しています。

ムンタースのデータセンター専任チー はディジプレックス社と共に間接蒸 式冷却器「オアシス」を利用したモ ジュール式A2A冷却システムの開発に 取り組みました。一般的な高効率フリー クーリングソリューションとの比較で、 間接蒸発式冷却器「オアシス」は年間 40%のコスト削減や65%の総エネルギ ー消費量削減を達成する大きな力とな るでしょう。 ムンタースの間接蒸発式冷却システム 「オアシス」は世界中のデータセンタ ーに設置され、総容量は100MWを越 えます。

情報

  • 安定したデータホール環境を確保 が可能
  • データセンターの空気を外気から完 全に遮断
  • 初期投資の削減
  • PUE: 1.2
  • pPUE: 1.06
  • 一般的なフリークーリングソリュ ーションとの比較で、年間65%の 総エネルギー消費量削減が可能
  • 貯留雨水の利用も可能
  • オアシス ケーススタディ

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。