AT_case_coaterjemopharm.jpg

錠剤製造工程

ムンタースの空調システムは、年間を通じ錠剤の製造工程に安定した操業環境を実現します。

錠剤、粉薬等、湿気に敏感な製品は、高湿な環境が品質低下や使用(保管)期限等に悪影響を及ぼします。また、湿度は製品同士の付着や損傷を引き起こし、生産設備内での閉塞が生じ、製造ラインの遅れ等の不具合を引き起こす場合があります。

特定の物質構造を求められる錠剤工程では、適切に管理され調整された湿度により、スムーズな造粒・生産が可能となります。

ムンタースの空調による製造環境のコントロールシステムは、プレス工程及びフィードホッパー周辺の乾燥空気の管理により、連続的な製品の搬送を実現します。
また、生産中のダスト堆積物の除去が可能となり、ラインの操業停止を回避し、メンテナンスによるシャットダウン時間を最小限に抑えることができます。

これにより年間を通じ安定的な操業が可能となり、さらに生産量を増やしながら高い品質を確保、想定外の操業停止の軽減により時間とコストの節約を実現します。

ムンタースのデシカント除湿システム「ハニカム」による効果

  • 製品の付着を防止
  • 操業中断を回避
  • 生産性を向上
  • 清掃作業と廃棄物量を減少
  • 衛生度を改善
  • 高品質を維持

お問合せ: 電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。