BW Spot Guy with Rotor Sample.jpg

産業用の除湿

製品乾燥の最も一般的な方法は熱い空気を取り入れ、製品に含まれている湿気を蒸発させることです。

しかし、熱と湿気が増加することにより、カビや菌類が発生するリスクが高まる可能性があります。また、機械の腐食を招いたり、過剰な熱による乾燥が製品への悪影響を及ぼします。

ムンタースのデシカント除湿機「ハニカム」は、デシカント(吸着剤)ロータ表面と処理空気の水蒸気圧の差によって空気中の湿気を取り除きます。湿った空気は高い水蒸気圧をもち、水分子が空気中からデシカント(吸着剤)表面へ移動するので、これを利用して除湿を行います。
除湿によりデシカントロータの処理側表面は湿った状態になりますが、一方、ロータの再生側で熱風を送り乾燥させます。このプロセスを繰り返して、継続して効果的な除湿を行います。

ムンタースの除湿機は最適な空気環境を維持し、産業プロセスの安全性、衛生面、従業員の健康を維持します。

お問合せ:電話 03-5970-0021 (東京)、06-6368-6680 (大阪)、お問合せフォームをご利用下さい。

Rotorprinciple_Basic_01a_GB.jpg

.

お問い合わせはこちらへ

製品についてのご質問等はこちらで受付けております。内容によってはお時間をいただく場合もございます。